2015/04/16

Galaxy S6/S6 edge タッチ&トライイベント

※このブログは GALAXY アンバサダープログラムに参加しています。

4/10 に東京で行われた Galaxy S6/S6 edge タッチ&トライイベントに参加してきました。イベントは飯田橋グラン・ブルームにある Galaxy ショールームで行われ、サムスン電子ジャパンの社員の方々も参加して様々な話を聞くことができました。参加する前は S6 がお目当てだったのですが、実際に見てみると S6 edge も良かったです。

Galaxy S6/S6 edge の特徴は何と言ってもデザインです。スマートフォンは毎日持ち歩くものですから、スペックも大事ですがデザインも気になりますよね。S6/S6 edge では金属とガラスを組み合わせることにより、従来の Galaxy シリーズになかった高級感のあるデザインになっていると思います。

 


ディスプレイもも綺麗になっています。新しくなった有機 EL Super AMOLED ディスプレイは、従来よりも最大輝度が 20%明るくなりました。逆に最小輝度は 60%暗くなっており、消費電力の低減に貢献しています。


Galaxy S6 は 3色、S6 edge は 4色用意されています。S6 は NTT docomo のみ、S6 edge は au と NTT docomo から発売されます。


発売後にモニター機をお借りできることになっていますので、使用感などレポートしていきたいと思います。

2015/03/15

Galaxy Tab S のプリインストールアプリ

※このブログは GALAXY アンバサダープログラムに参加しています。

Samsung 様のご厚意でお借りした Galaxy Tab S SCT21 最後のレビューです。今日はプリインストールアプリをご紹介します。Galaxy Tab S の内蔵ストレージは 32GB。ユーザー領域約 24GBのうち 1GB程度が既に使用されています。



セットアップ直後の状態で約70のアプリがインストールされていました。



20個ぐらいが au のアプリです。ほとんどのアプリは無効化できます。
  • SMS
  • Eメール
  • auスマートパス
  • うたパス
  • ブックパス
  • ビデオパス
  • アニメパス
  • au Market
  • au Cloud
  • スクリーンショットシェア
  • GLOBAL PASSPORT
  • auお客様サポート
  • auテレビ Gガイド
  • auショッピングモール
  • au災害対策
  • auバックアップアプリ
  • auかんたん設定
  • リモートサポート
  • au WALLET
  • au Wi-Fi接続ツール
  • 安心アクセス
  • グノシー for au
  • au ID 設定
  • ナビウォーク
  • LISMO
  • Friends Note
Samsong 独自のアプリもあります。

  • Sプランナー
  • GALAXY Apps
  • Sボイス
  • SideSync
  • Remote PC
Sボイスを使えばタブレットを音声で操作することができます。例えばアラームを設定したり、音楽を再生したり、天気を調べたりすることができます。


試しに「今日の天気を教えて」とお願いすると、「晴れです」と答えてくれます。これは便利。


地味に便利なのが Remote PC。タブレットから Windows PC を操作できる所謂リモートデスクトップですね。本家 Microsoft や他のベンダーからも同じようなアプリがリリースされていますが、最初から入っているのは嬉しいです。


サードパーティ製のアプリも充実しています。
  • DioDict 4
  • WebEx
  • Smart Remote
  • Hancom Office Viewer
  • Dropbox
  • Flipboard
  • Evernote
  • Lookout
  • Facebook
  • 朝日新聞
DioDict 4 は英語辞書のアプリ。普通に買うと 1,000円くらいします。


WebEx は CISCO の Web ミーティングアプリですね。



Smart Remote はテレビ番組表とテレビリモコンが一緒になったようなアプリです。Galaxy Tab S には赤外線機能が付いていて、対応機種のテレビならタブレットから操作できます。



1ヶ月間のモニター期間も終わり、返却の時期になってしまいました。Nexus 10 以来久しぶりの 10インチタブレットは中々快適でした。Samsung 様ありがとうございました。

2015/03/14

Galaxy Tab S のベンチマークテストやってみた

※このブログは GALAXY アンバサダープログラムに参加しています。

Samsung 様のご厚意で Galaxy Tab S SCT21 を 1ヶ月間お借りしています。Nexus 10 以来久しぶりの 10インチタブレットです。Nexus 10 はもう 2年半前のモデルなのでスペックが大分違います。今日はベンチマークテストで比較してみたいと思います。

その前にスペックのおさらい。動作周波数が 1.7GHz→2.5GHz、コア数もデュアルコア→クアッドコアになっています。この違いは大きいです。



Nexus 10Galaxy Tab S
CPU1.7GHz Dual Core
(Samsung Exynos 5250)
2.5GHz Quad Core
(Qualcomm Snapdragon 801)
RAM2GB3GB

まずはおなじみ Quadrant Standard Edition でテストしてみましょう。Galaxy Tab S は 24,127 で Nexus 10 の 4倍ぐらいのスコアになりました。グラフ突き抜けてる!!内訳を見ると CPU がかなり速くて 91,254 も出ていました。




Nexus 10Galaxy Tab S
Quadrant4,97124,127


これだけじゃアレなんで、AnTuTu Benchmark でもテストしてみました。Galaxy Tab S は 41,597で Nexus 10 の倍近いスコアです。



Nexus 10Galaxy Tab S
AuTuTu24,27841,597


MikuMikuBench は Unity で開発された 3D ベンチマークアプリです。両方共 60fps 以上出ていますし、スコアも 5,000以上でほとんど変わらなかったです。




Nexus 10Galaxy Tab S
MikuMikuBench5,2455,384


3DMark の Ice Storm もやってみました。常時 50~60fps で安定していましたが、オブジェクトが多かったり、高速移動する場面になると 30~40fps 台まで落ち込むことがありました。スコアは Maxed Out (計測不可)。凄い。







Nexus 10Galaxy Tab S
3DMark
Ice Storm
8,608Maxed Out


Ice Storm Unlimited で計測し直すと、16,291となりました。Nexus 10 の倍近いスコアです。




Nexus 10Galaxy Tab S
3DMark
Ice Storm Unlimited
8,80716,291


というわけで Galaxy Tab S は爆速。3D バリバリのゲームも余裕です。

2015/03/13

Galaxy Tab S SCT21 をお借りしています

※このブログは GALAXY アンバサダープログラムに参加しています。

Samsung 様のご厚意で Galaxy Tab S SCT21 を 1ヶ月間お借りしています。10インチフルサイズのタブレットは Nexus 10 以来久しぶりです。最近は 6~7インチのファブレットが流行っていますが、Web サイトや動画を見たりするにはこのサイズ感がいいですね。


裏側はエンボス加工で滑りにくくなっています。かなり薄いのですが持ちやすいです。



スペックをおさらいしてみましょう。まずは本体サイズから。Nexus 10 より 25%薄く、20%軽いです。

Nexus 10Galaxy Tab S
画面サイズ10.055 インチ10.5インチ
ディスプレイ
IPS液晶
2560 x 1600 (300 ppi)

有機EL (Super AMOLED)
2560 x 1600 (288 ppi)
本体サイズ264 x 178 x 8.9 mm247 x 177 x 6.6 mm
 重量603g470g
 電池容量9,000mAh7,900mAh

中身はどうでしょうか。デュアルコア→クアッドコアの違いは大きいですね。Nexus 10 の OS バージョンアップの早さは流石です。

Nexus 10Galaxy Tab S
CPU1.7GHz Dual Core
(Samsung Exynos 5250)
2.5GHz Quad Core
(Qualcomm Snapdragon 801)
RAM2GB3GB
 ストレージ16/32GB32GB
 OS    Android 4.2/4.3/4.4/5.0/5.1    Android 4.4

通信系も見てみましょう。Galaxy Tab S には SIM スロットがあり、3G/LTE に対応したモバイルデータ通信が使用できます。一方 Nexus 10 は Wi-Fi のみです。Galaxy Tab S は 802.11 ac やワンセグ/フルセグに対応していたり、全部盛りです。

Nexus 10Galaxy Tab S
モバイルデータ通信なし3G CDMA (800/2000MHz)
LTE (800/850/2100/2600MHz)
Wi-FiIEE802.11 a/b/g/nIEE802.11 a/b/g/n/ac
NFC対応対応
Bluetooth対応対応
赤外線通信なし対応
ワンセグ/フルセグなし対応

最後はカメラです。タブレットなので画素数は控えめです。Galaxy Tab S は裏面照射型CMOSセンサーなので高画質が期待できます。


Nexus 10Galaxy Tab S
メインカメラ (背面)500万画素
CMOSセンサー
800万画素
裏面照射型CMOSセンサー
サブカメラ (前面)190万画素
CMOSセンサー
210万画素
裏面照射型CMOSセンサー
ビデオ撮影Full HDFull HD


久しぶりに 10インチサイズのタブレットを触っていますが、便利ですね。電子書籍を見開きのまま表示するとちょうどコミックスと同じくらいのサイズなので読みやすいです。画面が広いのは正義です。


次回はベンチマークテストしてみたいと思います。

2015/01/14

Galaxy S5 Active がやってきた!その3

※このブログは Galaxy アンバサダープログラムに参加しています。

お借りしている Galaxy S5 Active の返却期限が迫ってきていますが、S5 Active を持って多摩動物公園に行ってきました。今日はカメラについてレポートしたいと思います。

S5 Active のカメラは 16メガピクセルの裏面照射型 CMOS センサー搭載。4.0倍までのデジタルズームに対応。F値は公表されていません。

まずはライオンバスに乗って、間近でライオンの餌付けを見てきました。S5 Active のカメラで撮影してみると、フォーカスもしっかりしていてカリッとした印象です。空の色も実際に目で感じた色に近いです。


次に昆虫生態園で蝶を撮影してみます。ここは温室のようになっていて、一年中蝶の観察を楽しむことができる、お勧めの場所です。これはオオゴマダラ。沖縄地方に多く生息する大きな蝶です。羽の色も、背景も綺麗に撮れていました。スマートフォンのカメラでも限界まで被写体に寄れば綺麗なボケ味を楽しむことが出来ます。


別の角度から。花の色が綺麗です。


こちらはオオムラサキ(だと思います)。日本の国蝶です。


園内には大きな樹木が一本あり、昆虫生態園のシンボルになっています。


次はコアラ館に行ってみます。館内は暗くなっているのでカメラテストには持ってこいなのですが、、、残念ながら、暗所では厳しいようです。シャッタースピードを上げられないので被写体ブレが酷く、ノイズも結構目立ちます。左がコアラで、右はフサオネズミカンガルーです。


もう一つ残念なのがご飯の撮影です。色温度が低いせいか、あまり美味しそうに見えないんですよ。これはけんちんうどんです。園内のレストランで撮影しました。


これは別のラーメン店で撮影した餃子です。両方共どこか作り物っぽい雰囲気になってしまっています。


同じ餃子を Xperia Z3 で撮影したものと比較してみると、違いがよく分かると思います。


という訳で、多摩動物公園に行って S5 Active のカメラテストをしてきました。屋外の自然光での撮影は言うことなし、室内や暗所での撮影は少し厳しいようです。飯テロカメラとしては残念な印象です。

S5 Active のカメラはやはりアウトドアで使うのがピッタリです!



2015/01/11

Galaxy S5 Active がやってきた!その2

※このブログは Galaxy アンバサダープログラムに参加しています。

最新の Galaxy 端末を 1ヶ月間お借りすることが出来たので引き続きレポートしていきたいと思います。

Galaxy S5 Active はアウトドアでグローブをしていても操作しやすいように、物理ボタンが多用されています。ホームボタンや戻るボタンも物理ボタンです。カーボン+アルミっぽい質感のコーティングがされていて結構好きです。実際にタフかどうかはちょっと怖くて試すことが出来ませんでした(笑)。

充電時のアニメーションが面白いです。最近の Galaxy はみんなこうなんでしょうか?


本体左側にはアクティブキーと音量ボタン、右側には電源ボタンが配置されています。


アクティブキーを押すと Active Zone というアプリが起動します。気圧計やコンパスなどアウトドアで便利なアプリです。


測定できるのは気圧と高度、コンパス、現在位置です。その他に LED トーチライトとストップウォッチがあります。トーチライトは明るさと点滅速度を変更できる他、別のアプリが起動していてもライトを点灯したままにできるので便利でした。



あ、そういえば。上記の画面ショットは Dropbox 経由でアップロードしたのですが、Galaxy 端末から Dropbox に接続すると 24ヶ月限定のボーナスで容量が 48GB 増えます!以前に HTC 端末を登録して 23GB 増えたので、現在は合計して約 80GB もあります。



Samsung さま、Dropbox さま、ありがとうございます!(笑)

Galaxy S5 Active がやってきた!

※このブログは Galaxy アンバサダープログラムに参加しています。

最新の Galaxy 端末を 1ヶ月間お借りすることが出来たのでレポートしたいと思います。お借りしたのは Galaxy S5 Active SC-02G。防水・防塵はもちろん、耐衝撃、耐温度、耐湿度に対応したタフネスモデルです。


本体カラーは Camo Green と Titanium Gray の 2色。バックパネルが迷彩柄だったり、バンパーが張り出していたりして結構ゴツイ印象です。完全に男性向けのデザインですね。いいと思います。

S5 Active は米国国防総省の軍事規格 MIL-STD-810G のうち、落下、浸漬、粉塵、塩水噴霧、湿度、太陽光日射、振動、雨滴、風雨、氷・低温雨、熱衝撃(-20~50℃)、高温保管(63℃固定)、高温保管(30~60℃)、高温動作(71℃固定)、高温動作(32~49℃)、低温動作(-51℃固定)、低圧保管、低圧動作の18項目に対応しています。


手に取った瞬間は「重い!」と思ってしまいました。実測で 171g。iPhone 6 Plus が 172g なのでほぼ同じ重さでした。ちなみに iPhone 6 は 129g、Xperia Z3 は 159g です。


ディスプレイは 5.1インチ有機EL (Super AMOLED) です。解像度は 1080x 1920ピクセル。ゴリラガラス 3 でしょうか?相当丈夫そうな印象です。

本体左側にはアクティブキーと音量ボタン、右側には電源ボタンが配置されています。アウトドアでグローブをしていても操作しやすいように、物理ボタンは少し張り出しています。質感もいいので結構好きです。


新しいスマートフォンを購入すると傷つかないようにすぐにケースに入れてしまうことが多いのですが、S5 Active なら傷を気にせず使うことが出来そうです。