2015/01/14

Galaxy S5 Active がやってきた!その3

※このブログは Galaxy アンバサダープログラムに参加しています。

お借りしている Galaxy S5 Active の返却期限が迫ってきていますが、S5 Active を持って多摩動物公園に行ってきました。今日はカメラについてレポートしたいと思います。

S5 Active のカメラは 16メガピクセルの裏面照射型 CMOS センサー搭載。4.0倍までのデジタルズームに対応。F値は公表されていません。

まずはライオンバスに乗って、間近でライオンの餌付けを見てきました。S5 Active のカメラで撮影してみると、フォーカスもしっかりしていてカリッとした印象です。空の色も実際に目で感じた色に近いです。


次に昆虫生態園で蝶を撮影してみます。ここは温室のようになっていて、一年中蝶の観察を楽しむことができる、お勧めの場所です。これはオオゴマダラ。沖縄地方に多く生息する大きな蝶です。羽の色も、背景も綺麗に撮れていました。スマートフォンのカメラでも限界まで被写体に寄れば綺麗なボケ味を楽しむことが出来ます。


別の角度から。花の色が綺麗です。


こちらはオオムラサキ(だと思います)。日本の国蝶です。


園内には大きな樹木が一本あり、昆虫生態園のシンボルになっています。


次はコアラ館に行ってみます。館内は暗くなっているのでカメラテストには持ってこいなのですが、、、残念ながら、暗所では厳しいようです。シャッタースピードを上げられないので被写体ブレが酷く、ノイズも結構目立ちます。左がコアラで、右はフサオネズミカンガルーです。


もう一つ残念なのがご飯の撮影です。色温度が低いせいか、あまり美味しそうに見えないんですよ。これはけんちんうどんです。園内のレストランで撮影しました。


これは別のラーメン店で撮影した餃子です。両方共どこか作り物っぽい雰囲気になってしまっています。


同じ餃子を Xperia Z3 で撮影したものと比較してみると、違いがよく分かると思います。


という訳で、多摩動物公園に行って S5 Active のカメラテストをしてきました。屋外の自然光での撮影は言うことなし、室内や暗所での撮影は少し厳しいようです。飯テロカメラとしては残念な印象です。

S5 Active のカメラはやはりアウトドアで使うのがピッタリです!



2015/01/11

Galaxy S5 Active がやってきた!その2

※このブログは Galaxy アンバサダープログラムに参加しています。

最新の Galaxy 端末を 1ヶ月間お借りすることが出来たので引き続きレポートしていきたいと思います。

Galaxy S5 Active はアウトドアでグローブをしていても操作しやすいように、物理ボタンが多用されています。ホームボタンや戻るボタンも物理ボタンです。カーボン+アルミっぽい質感のコーティングがされていて結構好きです。実際にタフかどうかはちょっと怖くて試すことが出来ませんでした(笑)。

充電時のアニメーションが面白いです。最近の Galaxy はみんなこうなんでしょうか?


本体左側にはアクティブキーと音量ボタン、右側には電源ボタンが配置されています。


アクティブキーを押すと Active Zone というアプリが起動します。気圧計やコンパスなどアウトドアで便利なアプリです。


測定できるのは気圧と高度、コンパス、現在位置です。その他に LED トーチライトとストップウォッチがあります。トーチライトは明るさと点滅速度を変更できる他、別のアプリが起動していてもライトを点灯したままにできるので便利でした。



あ、そういえば。上記の画面ショットは Dropbox 経由でアップロードしたのですが、Galaxy 端末から Dropbox に接続すると 24ヶ月限定のボーナスで容量が 48GB 増えます!以前に HTC 端末を登録して 23GB 増えたので、現在は合計して約 80GB もあります。



Samsung さま、Dropbox さま、ありがとうございます!(笑)

Galaxy S5 Active がやってきた!

※このブログは Galaxy アンバサダープログラムに参加しています。

最新の Galaxy 端末を 1ヶ月間お借りすることが出来たのでレポートしたいと思います。お借りしたのは Galaxy S5 Active SC-02G。防水・防塵はもちろん、耐衝撃、耐温度、耐湿度に対応したタフネスモデルです。


本体カラーは Camo Green と Titanium Gray の 2色。バックパネルが迷彩柄だったり、バンパーが張り出していたりして結構ゴツイ印象です。完全に男性向けのデザインですね。いいと思います。

S5 Active は米国国防総省の軍事規格 MIL-STD-810G のうち、落下、浸漬、粉塵、塩水噴霧、湿度、太陽光日射、振動、雨滴、風雨、氷・低温雨、熱衝撃(-20~50℃)、高温保管(63℃固定)、高温保管(30~60℃)、高温動作(71℃固定)、高温動作(32~49℃)、低温動作(-51℃固定)、低圧保管、低圧動作の18項目に対応しています。


手に取った瞬間は「重い!」と思ってしまいました。実測で 171g。iPhone 6 Plus が 172g なのでほぼ同じ重さでした。ちなみに iPhone 6 は 129g、Xperia Z3 は 159g です。


ディスプレイは 5.1インチ有機EL (Super AMOLED) です。解像度は 1080x 1920ピクセル。ゴリラガラス 3 でしょうか?相当丈夫そうな印象です。

本体左側にはアクティブキーと音量ボタン、右側には電源ボタンが配置されています。アウトドアでグローブをしていても操作しやすいように、物理ボタンは少し張り出しています。質感もいいので結構好きです。


新しいスマートフォンを購入すると傷つかないようにすぐにケースに入れてしまうことが多いのですが、S5 Active なら傷を気にせず使うことが出来そうです。

2014/12/21

Xperia Z3 のテーマを変えてみよう

このブログは Xperia アンバサダープログラムに参加しています。

Xperia Z3/Z3 Compact タッチ&トライ でお借りしてきた Xperia Z3 もそろそろ返却しなければなりません。今日はテーマを変更して遊んでみたいと思います。

Xperia シリーズでは設定アプリでテーマを変更することで壁紙だけでなく、チェックボックスやスライダー等の共通コンポーネントの色を変えることができます。これはサードパーティ製のほとんどのアプリにも適用され、スマートフォン全体で統一感のある UI を実現しています。設定アプリの「個人設定」から「テーマ」から純正のテーマを選んで変更してみましょう。



このテーマですが、最初から用意されているテーマ以外にも Google Play ストアからダウンロードすることで色々と楽しい UI に変更できるのをご存知でしょうか?紙袋のアイコンをタップすると、様々なテーマをダウンロードすることが出来ます。


例えば Winter Snow のテーマを選ぶと、雪の模様の壁紙になり、ナビゲーション領域のボタン(戻る、ホーム、アプリ切り替え)がトナカイやソリなど冬っぽいデザインに変更されます。



The Amazing Spiderman2 のテーマでは、スパイダーマンの壁紙の他にもナビゲーション領域のボタンが面白いです。


私のお気に入りは LittleBigPlanet のテーマです。他にも色々なテーマがあるので面白いのがあったらぜひ教えて下さい。

2014/12/19

SmartBand Talk を使ってみました

このブログは Xperia アンバサダープログラムに参加しています。

Xperia Z3/Z3 Compact タッチ&トライ では Xperia Z3 の他にも SmartWatch 3 SWR50SmartBand Talk SWR30 のどちらかを選んでお借りすることが出来ました。SONY の Android Wear 第一弾である SmartWatch 3 を試してみたかったのですがじゃんけんに負けてしまい、SmartBand Talk の方をお借りしました。私は Moto 360 を既に持っていてスマートウォッチが2つあっても仕方ないので、結果としては良かったと思っています。

標準的なウェアラブルガジェットユーザーの左手
SmartBand Talk SWR30 は今流行のヘルスケア系のウェアラブルデバイスです。SONY ではライフログと言っています。加速度センサー、ジャイロセンサー、GPS 等を内蔵していて、日々の行動記録を保存してくれます。頭のいい万歩計みたいなものです。元々 SmartBand SWR10 という製品があったのですが、SmartBand Talk はこれに電子ペーパーのディスプレイ、スピーカー、マイク等が追加され、できることが格段に多くなりました。それでいて重さはわずか 5g しか増えていません。


行動記録は Lifelog というアプリが記録してくれます。歩いた歩数や走った距離を記録してくれるのはもちろん、Web の閲覧、SNS、写真、睡眠なども記録してくれています。歩いたり走ったりするアニメーションが面白いです。


SmartBand Talk 単体でも色んな事ができます。例えばメールや電話が着信するとバイブレーションでお知らせしてくれ、ディスプレイにはメールや電話の相手が表示されます。Gmail だと件名や内容も表示されるのでとても使いやすいです。


側面にボタンが2つあり、大きいほうが音量ボタンです。小さい方は画面の切替ができるようになっています。押すと歩数が表示されます。


SmartBand Talk という純正アプリを使ってサードパーティー製のアプリを追加することができます。SmartBand から音楽再生もできちゃうんです。


今回お借りした Xperia Z3 はもちろん気に入ったのですが、実は SmartBand Talk の方がもっと気に入りました。私は元々時計が好きで自動巻きの時計をいくつか持っているのですが、Moto 360 を購入して以来他の時計を付ける機会がさっぱり無くなってしまったのです。自動巻きなので 2~3日に一度付けないと止まってしまいますし。スマートウォッチと普通の時計両方つけるわけには行きませんが、SmartBand Talk なら一緒につけることもできますしね。

ほら、大丈夫
使っていてちょっと気になる点もありました。1つ目はシリコン製のバンドです。表面に細かい溝が掘ってあってこれのおかげて汗がたまらないのはいいと思いました。しかしホコリがたまりやすいです。冬場はセーターの袖部分と擦れるせいか結構汚れてしまいました。2つ目はディスプレイ部の表面です。おそらくプラスチック製だと思いますが、結構傷つきやすいです。毎日付けるものなのでもっと丈夫な方がいいですね。保護フィルムもあるようなので念のため貼っておきたいです。しかしガラス製じゃないので 26g と軽く、機能やデザインもバランス良く出来ていると思います。

というわけで個人的に 2014年ウェアラブルガジェット NO.1 は SmartBand Talk でした。


極薄 0.6mm!Xperia Z3用 TPU ケースを買いました

このブログは Xperia アンバサダープログラムに参加しています。

スマートフォンは傷付けずに綺麗に持ち歩きたい。でもケースのせいでせっかくの薄型軽量な Z3 の魅力が失われたら嫌ですよね。RASTA BANANA から厚さわずか 0.6mm の極薄 TPU ケースが発売されていたので購入してきました。

画面保護用のフィルムと、クレードル用のアダプターが付属しています。


付けてみました。柔らかい TPU 素材なので簡単に装着出来ました。


カメラ周りを見るとその薄さがよく分かります。


フィルムも貼ってみました。高光沢の綺麗なフィルムです。指の滑りは滑らかです。ちょっと指紋が気になります。


画面下部も綺麗にカバーされています。ポリカーボネート素材のハードケースだと画面下部がカバーされていないものが多く、ここから落としてしまうとスマートフォン本体に傷が付いてしまいます。このケースは柔らかい TPU 素材で側面全体をカバーしてくれて安心です。


Xperia Z3 に標準で付属しているクレードルにも対応しています。クレードル用のアダプターが付属しているので交換します。


 ピッタリでした。


 超薄型でありながら側面全体をカバーしてくれるのでお勧めです。

2014/12/18

【root不要】 機種変更した Xperia Z3 にアプリとデータを移す方法

※ このブログは Xperia アンバサダープログラムに参加しています。

Xperia Z3/Z3 Compact タッチ&トライで Z3 ブラックをお借りしているにもかかわらず、自腹で Z3 カッパーを購入してしまいました。今日は今まで使っていた機種から Xperia にアプリやデータを移す方法をご紹介したいと思います。

写真や音楽データは Dropbox や Google ドライブで移行する方法もありますが、データ量に応じて時間がかかりますし、Wi-Fi 環境でないとパケット通信料金がかかることがあるので PC を使ってコピーするのがいいでしょう。

アプリやゲームは簡単にコピーできません。Google Play ストアからダウンロードし直すとゲームデータ等が初期化されてしまうので、できれば旧機種から直接コピーしたいところです。今回ご紹介する方法を使えば、開発者向けの Android SDK を使ってアプリやゲームと一緒にセーブデータ等もコピーすることができます。

1. Google から Android SDK をダウンロード、インストールします。Android Studio や Eclipse with ADT を既に使用している方はそのままで結構です。どちらも使ったことが無い方は、SDK のみダウンロードできますのでこちらからどうぞ。
2. Android SDK Manager で USB ドライバをダウンロードします。ドライバは C:\android-sdk\extras\google\usb_driver にコピーされます。

3. 設定アプリの端末情報を開き、ビルド番号の部分を連続タップします。7回タップすると開発者向けオプションが選べるようになります。


4. 開発者向けオプションで USB デバッグを有効にします。


5. USB ケーブルで PC と接続します。ドライバが自動的にインストールされなかった場合は、先ほどダウンロードした USB ドライバから Android ADB Interface か Android Composite ADB Interface を選択します。

6. Andrroid SDK に adb.exe というファイルがありますので、コマンドプロンプトで実行してみます。adb devices というコマンドで現在接続されている Android デバイスを確認することができます。

C:\android-sdk\platform-tools>adb devices
List of devices attached
CB5127XXXX      device

初めて接続した時にはスマートフォン本体に確認が表示されますので、OK を押します。


何も表示されない場合は、スマートフォン本体の設定や PC 側の USB ドライバを確認してみてください。

7. バックアップしたいアプリのパッケージ名を調べます。PC の Web ブラウザで Google Play ストア を開き、バックアップしたいアプリを探します。URL の id=XXXX の部分がパッケージ名です。例えば、Angry Birds の場合は com.rovio.angrybirds がパッケージ名になります。


8. アプリとデータをバックアップします。バックアップには adb backup コマンドを使用します。-apk オプションを指定するとアプリと保存データを一緒にバックアップできます。-f オプションにはバックアップを保存するファイル名を指定します。区別が付けば何でもいいのですが、パッケージ名.ab にしておくと良いと思います。

C:\android-sdk\platform-tools>adb backup com.rovio.angrybirds -apk -f com.rovio.angrybirds.ab
Now unlock your device and confirm the backup operation.

スマートフォン本体に確認画面が表示されますので、「データをバックアップ」を押します。パスワードはお好みでどうぞ。


バックアップが完了したらファイルを確認しておきましょう。アプリによってはバックアップが禁止されているものもあります。その場合はファイルサイズが極端に小さいのですぐに分かると思います。

C:\android-sdk\platform-tools>dir com.rovio.angrybirds.ab
2014/12/18  16:15        52,855,695 com.rovio.angrybirds.ab

9. ここで旧機種はケーブルを抜きます。新機種で開発者向けオプションと USB デバッグ を有効にして、USB ケーブルで接続します。

10. バックアップを復元(レストア)します。レストアにも adb コマンドを使用します。

C:\android-sdk\platform-tools>adb restore com.rovio.angrybirds.ab
Now unlock your device and confirm the restore operation.

スマートフォン本体に確認が表示されていますので、「データを復元する」を押します。バックアップした時にパスワードを設定した方は、ここで入力します。


11. 新機種に移行できたかどうか確認してみましょう。


いかがでしょうか?

Google Play ストアにはバックアップ専用のアプリもありますが、Titanium Backup のように root が必要なものや Helium のように無課金だと機能が制限されているものがほとんどです。今回ご紹介した方法は、Helium のような有料アプリが使っている方法とほとんど同じものです。

コマンド操作が少し面倒ですが、バッチファイルでも作ってしまえば簡単です。

echo バックアップ元のスマートフォンを接続してください
pause
adb backup %1 -apk -f %1.ab
echo 復元先のスマートフォンを接続してください
pause
adb restore %1.ab

ぜひ試してみてください。